ゆるくまったりだらだらと

まったりと生きてます。 つらつらと出かけたところや気になったことを書いてます。 たまに副業の収支に関しても報告しています。

カテゴリ:投資 > テーマ投資

テーマ型投資のFOLIOから早速リバランスのお知らせがメールで届きました。

FOLIOについて具体的に知りたい方は過去記事をご参照下さい。
参考記事:好きなものを応援したい!FOLIOによるテーマ投資
参考記事:ワクワクする投資を!FOLIOがついにスタート!

思ってたよりも早く来ましたね・・・
10月20日からスタートしているので1ヶ月ごとかなと思ったのですが、サポートページには基本的に3ヶ月に1回と書いてありますね。
今回は不定期版リバランスなのかな。
まあどんな感じでくるのか楽しみにしてたからいいとします(笑)

マイページに入るとリバランスの提案があります。
視覚的に分かりやすいですね。

FOLIO_リバランス


このリバランスは単に現在のポートフォリオに変更するわけではないようです。
次の2枚の図のうち、1枚目は購入時のポートフォリオ、2枚目は現時点の同テーマにおけるポートフォリオです。
NTTデータ等の株数が異なりますね(リバランスした場合18+5株、現時点で購入した場合19株)。
FOLIO_リバランス2
FOLIO_リバランス3

複数のテーマを持っている場合は一括でリバランスが行えます。
もちろん個別に行うことも出来ます。
リバランスのボタンをクリックすると購入画面に進みます。
ソニー2株で他の株こんなに買えるのかなと思っていましたが、やっぱり足りないみたいです(笑)
買い増しをして全体的なバランスを整えているようですね。
注文に必要な額(購入分)の金額と右上の購入金額が違うのは、実際の注文は翌日の朝になるため余分に表示しているためだと思われます。
これはテーマの購入時にも起こることです。
FOLIO_リバランス4

ちなみにリバランスの注文確定後に注文内容を確認できるのですが、最初は表示が正しくありません。ページを更新するなりすれば正しく表示されます。
始め注文がおかしいと思いキャンセルしてしまいました・・・
キャンセルしてもリバランスの情報は消えないので、いつでもリバランスし直すことができますので安心してください(笑)


リバランスはこんな感じでした。
相変わらず視覚的に分かりやすいのは素晴らしい。
ただ、できることならリバランスの根拠等のレポートがついてると嬉しいですね。
簡易版でもいいんですけど。

一時は株価が下がっていましたが再度上がってきたためいい感じの含み益です。
リバランスでさらに良くなることを期待します!

個別の企業でなく、「VR」や「テレビゲーム」等、興味あるテーマに投資できるFOLIOがついに本格的に始動し始めました。
ちっちゃくまだβってついてますけど(笑)

正確には既に始動していたのですが、これまでは事前登録していた人だけが先行して体験できていたんですね。
今日からどなたでも登録できるようになりましたよ!

私は事前登録していたので一足先に体験させていただいています。
詳しくは過去の記事を参照下さい。
参考記事:好きなものを応援したい!FOLIOによるテーマ投資

FOLIOのいいところはやっぱり分かりやすいインターフェイスですね!
メインページを開けばずらりと興味を引かれるテーマが並んでいてついつい色々見てしまいます。
まさにFOLIOが掲げる「ワクワクする投資」を体現しています。
また各テーマのページに行けば、個別銘柄の説明と最近の値動きも確認できます。
おかげで、このテーマにこの会社が関与してるんだ、こんなことやってるんだ、と勉強になります。

まだまだスタートしたばかりですので運用実績についてはなんとも言えません。
ちなみに過去の記事の時点では13000円ほどの含み益がありましたが、その後全体的な株価の高騰が収まったため現在では8000円ほどに落ち着いてます(笑)
とりあえず、今後どのようなアドバイスがもらえるのか待っております。

さて始まったばかりのFOLIOですが、個人的に期待すること、思うことをあげて見ます。

・一部アンバランスなテーマがある
まあ「テレビゲーム」のことです。任天堂のことです。
確かにテレビゲームがテーマであれば任天堂が外せないとは思います。
しかしながら、任天堂は単価が4万円ほどするため、これ一つでテーマ内の40%を占めてしまいます。
ちょっといびつな気がしますね・・・

・何口買っても銘柄のバランスが変わらない

これは悪いわけではありません。
選定されている10社とそのバランスは、FOLIOが最適だと考えるものなのでしょうから。
ただ値段が変わることで組み方が変わっても面白いんじゃないかなと思いました。
そうすれば上述したテレビゲームのテーマでも任天堂が入っても、値段によってはバランスよく組めるんじゃないかと思います。

・テーマのさらなる充実を!
正直なところ現時点でも結構な数があります。
しかし、似たようなサービスを展開しているSBI証券のS株Now!では、「ブロックチェーン」や「スマートスピーカー」等FOLIOでは扱っていないテーマもあります。
負けるなFOLIO!(笑)

・外国版も欲しい・・・

無茶振りです(笑)
FOLIOはテーマを構成している銘柄は国内企業なんですよね。
カメラなんかは国内メーカーが強いからいいのですが、テーマによっては牽引してる企業が外国だったりします。
「VR」だとソニーも頑張っていますが、Oculus RiftのFacebook社、VIVEのHTC社、Gear VRのサムスン社、VRに必須のGPUを手がけるNDIVIA社等の海外企業も色々あるわけです。
色々な国の企業をまとめて一つのテーマとすることは難しいかもしれませんが、例えばアメリカ版みたいのができたらいいですね。


色々書きましたが、個人的にはFOLIOのテーマ型投資は好きです。
投資する以上やっぱり設けたいわけですが、好きなものってやっぱり応援したいんですよね。
グッズを買ったり、ファンクラブに入ったりするような感覚です。

額としては大きくないかもしれませんが、自分の好きなものに投資して、その分野が発展して、その結果儲けられたらこれ以上幸せなことはないと思います。

好きなものって応援したくなりますよね。
私はゲームとか目新しい家電とかが好きです。どんな体験ができるんだろうとわくわくできるので。
ただ、特定の企業の株を買うにはコストもかかるし、業界全体を応援したい・・・という思いがあります。テーマ型投信もあるそうですが、いい評判きかないんですよね。

そんな中、様々なテーマごとに分散投資ができるFOLIOのβテストが開始されています。
近々正式リリースされる見込みです。
FOLIOは1テーマが10社で構成されており、一口10万円程度で投資ができます。
先端技術関連だけでなく、生活に関係するもの、地域に関係するもの、各分野のトップを集めたグローバルニッチトップ等ユニークなテーマもあります。見ているだけで面白いです。

FOLIO
テーマの一例。とてもわかり易いです。

私は人工知能とVRをそれぞれ一口ずつ購入しました。

人工知能は間違いなく今後成長する分野だと思います。
創造力が必要な分野ではまだ人間のほうが優秀でしょうが、それもすぐに超えられるかもしれませんね・・・新聞記事なんかは書けるみたいですしね。
優秀な機械に技能が必要なことはやってもらって、逆に単純な労力は人間のほうが安上がりなので使って貰えそうですね(笑)

VRは実際に体験してもらわないとその凄さがわかってもらえないのが難しいところですね。
3Dテレビがコケたのを引っ張り出して同じようにVRもコケると言っている人がいますが、体験したこと無いんでしょうね。全くの別物です。
3Dは単に画面が浮き出して見える程度ですが、VRは完全に画面の中に入れるんです。圧倒的に体感できることは違いますし、発展性も違います。様々なシュミレーションにも使えるでしょうし、VRの映像作品は従来の映画とも違う表現がされているので一見の価値があります。PSVRであればAllumetteを見てみることをオススメします。
VRだけでなく、AR、MRも発展していってほしいですね。

そんなわけでこれらのテーマには伸びていってほしいのです。
ついでに儲かればなおのこといいです(笑)
まだ投資して2週間程度ですが収支はこんな感じです。

FOLIO

購入後の連日の株高、どちらにも組み込まれているソニーが頑張ってくれたお陰で2週間でだいぶ上がりました!ここ数日はちょっと落ちましたが・・・

FOLIOは購入時に4つの投資パターンを選べますし、購入後には売却タイミングなどもアドバイスしてくれるそうなので、とても簡単に始められます。今後が楽しみです。


ちなみにSBI証券がS株NOW!という名称で類似のサービスを始めています。
FOLIOが正式リリースされる直前に始まったのを見ると色々勘ぐってしまいますが・・・(笑)
こちらもテーマごとに10社程度の分散投資ができます。FOLIOとはテーマも異なるためどちらも見てみると面白いかもしれません。
SBI証券の方はNISA口座が使えることや、構成する銘柄の配分を自分で決められることがメリットですね。
ただこちらは一括で購入するだけで、売り注文は個別に行う必要があります。また、特にアドバイス等も受けられません。


銘柄構成の自由度はSBI証券に軍配が上がるかと思いますが、インターフェイスやサポートはFOLIOが上ですね。
それぞれを上手く使い分けてみてもいいかもしれません。






↑このページのトップヘ