ゆるくまったりだらだらと

まったりと生きてます。 つらつらと出かけたところや気になったことを書いてます。 たまに副業の収支に関しても報告しています。

カテゴリ:仮想通貨 > ウォレット

コインチェックさんが世間を賑わせていますね・・・
どうもXEMのマルチシグを設定していなかった模様。しかもホットウォレットのまま・・・
取引所に買った通貨を置いておくことの危険性が一気に知れ渡った事件でした。

今回のように外部から攻撃されるリスク、取引所が倒産するリスクなどがあるため、仮想通貨は取引所に置きっぱなしにしてはいけません。

とはいえいきなりハードウェアウォレットはハードルが高いかもしれませんので、とりあえずはデスクトップウォレットにうつしておきましょう。

今回は今更ではありますが、不本意な形で脚光を浴びることになってしまったXEM(NEM)の管理です。

1.nano wallet を入手する。
公式サイトからウォレットをDLします。
Download the Nano Wallet のところから対応するOSを選択してください。

2.nano wallet の起動
DLしたファイルを展開し、ウォレットを起動します。
起動したら言語を日本語にしておきましょう(赤丸部)。
nano2
日本語化したらアカウントを作成します。
言語の隣りにある「アカウント作成」のところから手続きを進めます。
シンプルウォレットを選択し、ネットワークは「Mainnet」にします。
ウォレット名は各自好きな名前をつけてよいです。
パスワードを設定したら秘密鍵を生成します。
下記画面になったらマウスを適当にわちゃわちゃと動かして下さい。
nano3
暗号鍵を生成したらバックアップについての説明が表示されます。
ウォレットのバックアップ(.wlt)とウォレットデータを確認しておきます。
ここでウォレットデータの文字列は絶対に他人に知られてはいけません!
きちんと管理しましょう!
nano4
バックアップファイルを持っていてもプライベートキーが必要になります。
こちらも他人に知られてはいけないので、徹底して管理しましょう!
nano5
ここまでくればウォレット設定は終了です。

3.ウォレットの起動
下記画面に戻るので、先程設定したウォレットを選択してパスワードを入力してサインインします。
nano6
サインインしたらダッシュボードへと移ります。
入金用のアドレスはアカウント(赤丸部)から確認できます。
nano8
アカウントにあるアドレスが入金用アドレスになります。
またここからバックアップファイルも作成できるので、定期的にバックアップをとっておきましょう。
nano9
なお、zaifから送金する場合「ZaifからのXEMの出金はmultisigトランザクションになります。multisigトランザクションに対応していない他の取引所やサービスへ送金されましても、Zaifでは対応致し兼ねますのでご注意ください。」というメッセージが記載されていますが、nano walletでは特に気にする必要はありません。
またzaifからの送金時にはメッセージも不要です。

ちなみに、初めてのときに少額送金したらえらい時間がかかりましたが無事に届きました。
もし届かなくて悩んでいる方がいても、アドレスが間違っていなければ1日くらい待ってみましょう。
基本的にXEMは送金が早いだけに焦ってしまいますが、大丈夫です(笑)

送金する場合は、「送信」欄から送金できます。
なお、XEMは送金の際にメッセージが要求されることがあります。このメッセージがない状態で送ってしまうとどこかに行ってしまい対応出来ないことになりかねません!
送金先がメッセージを要求しているかをきちんと確認しましょう!

また、今回CCの件でマルチシグが話題になっていましたが、個人のウォレットでマルチシグ設定まではしなくてもいいのではないかと思っています。
管理するものが多くなり、下手をするとセルフGOXの危険性が高まります。
取引所レベルではやっていて当然だから責められた問題です。

ーーーー
現時点でzaif等の取引所に購入した仮想通貨を置きっぱなしにしている人は、早めに自分のウォレットにうつしておきましょう。
以前から忠告はされていましたがあまり気にしていない人も多かったと思います。
しかし、今回CCのことでどれだけリスクが有るか明らかになったと思います。

管理する上で、最良なのはハードウェアウォレットです。
TREZORLedger Nano Sを購入しましょう。
現在、XEMやMONAはTREZORが対応しており、XRPはLedger Nano Sが対応しています。
値段や保管したい仮想通貨に応じて、適したものを購入しましょう。

なお、ハードウェアウォレットはAmazonなどでも販売されていますが、絶対に公式サイトから購入しましょう!
大事なお金を預けるものです。
一度他人を経由している場合、何をされているかわかりません。
実際に公式以外からハードウェアウォレットを購入して被害にあった方もいます。

参考リンク:ビットコイン研究所ブログ

TREZORはまだ購入していないので使い勝手はわかりませんが評判はいいみたいですね。
私はLedgerNanoSを使っています。
過去記事:LedgerNanoSで仮想通貨を管理する1:機器設定
過去記事:LedgerNanoSで仮想通貨を管理する2:ウォレット設定

今回はCCの件、本当にびっくりしましたね。
CCに仮想通貨を保管していた方々になんとかお金が戻ることを願うばかりです。

ちなみに私は入れっぱなしにはしていなかったのですが、ETH等をレンディングしていました。
もしこのまま引き出せずにCCさんが破産してしまった場合、完全にお手上げです・・・(泣)
リスクを踏まえていたつもりでも、まさか本当にこんなことが起こるなんて・・・と少し管理の甘さを嘆いているところです・・・

いや、別にウォレットが作りたかったわけじゃないんですけどね(笑)

マイニングしたいのですが繋がらないんです・・・
なのでとりあえずウォレットだけ作って待機です。


XPとは

仮想通貨の一つであるXPは、1単位1円を切っているいわゆる草コインですね。
今は0.02円くらいでしょうか。
ただ、最近話題になっており、Discordというコミュニティサイトのチャットも盛り上がっています。
rainという機能により、チャットに参加しているだけでXPがもらえたりもするので、たまにお祭りのようになっているみたいですね。

このDiscord自体が面白いから保有するという人や、現時点では非常に安価なため一攫千金を夢見て買う人もいるようですね。
実際、今は0.02円くらいですが数日前は0.005円くらいでした。
既に4倍です。たぶん1週間前はもっと安かったのでここ数日の伸びは凄いことになってます。
これが1円になるだけで50倍、10円になるだけで500倍となると、夢も見たくなりますね。

ただ、このコインは発行枚数がめちゃめちゃ多く、ビットコインが上限2100万枚なのに対し、XPコインは2250億枚を超えています!
枚数が桁違いに多いため過剰には値段が上がらないとは思います。
それでもコミュニティは活発だし、実際に使って楽しめる点は強みですね。
少額ならやけどもしませんし、宝くじみたいなものです。

少額ならいいかと思ってもXPコイン結構買うのめんどくさいんですよね。
CoinExchangeという外国のサイトに登録して、ETH、XEMなどを送金して、DOGEコインに変えて、XPを購入するという流れになります。
BTCでも買えますが高く付くようです。送金も遅いし、手数料も高いですからね。
CryptoBridgeにもXP/MONAやXP/ZNYの板が出来ましたが、まだ数が少ないようです。

正直めんどくさいですね・・・
ならマイニングすればいいか!と最近マイニング脳になりつつあります(笑)
マイニングはWeb minerに登録すればすぐに始められるようです。
必要なのはウォレットのアドレスがあれば十分です。
・・・が現在かなり繋がりにくいため試せず。

結局ウォレットだけが作られました・・・(笑)

ウォレットの作成

ちなみに単に受け取り用のアドレスを作るだけなら非常に簡単です。
Discodeに登録したら日本語コミュニティに参加します。
公式twitterの招待を受けましょう。

その後、#register_roomというページに行き、「,register」と書き込むだけでOKです。
XP_3
ひとまずはコレでもいいかもしれません。
なお人が多いせいか、botが止まっていることもあるようですので、ダメなときは時間をあけて試して下さい。

では公式ウォレットの作成です。
なぜあえて公式ウォレットを作るかといえば、XPコインを増やせるからです。
XPコインはPoS(proof of steak)を採用しており、保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰えます。
そのためある程度のXPコインをこのウォレットに入れて、設定をしておけば勝手に所持数が増えるというわけです。
不労所得万歳!
ただ、このウォレットも使えるようになるまで少しめんどくさいので説明します。

1.公式ウォレットをダウンロード
公式サイトに行き、自分のOSに合ったウォレットをDLします。

2.ウォレットを起動
DLしたファイルを展開し、ウォレットを起動します。
ウォレットを起動すると同期が始まります。
この同期が終了するまで送金・入金などの機能が使えないのですが、同期はめちゃめちゃ時間がかかります(数日?)。
そのため一度ウォレットを終了し、ブーストトラップを行います。

3.ブーストトラップ
DiscordのXPコミュニティの中にある#official_announcementから最新のブーストトラップを入手します。
12/16現在の最新版は「new bootstrap 11/09/2017」になります。
なお、このファイルは1.2 GBくらいあるので気長に待ちます。

ブーストトラップのファイルがDLできたら、(User)→AppData→Roaming→XPとファイルを開いていき、ここのXPフォルダ内に全て移します。
いくつかのファイルは上書きになっても構いません。
なお、AppDataは隠しファイルになっていますので、隠しファイルを表示する設定にしておいて下さい。
または、Windows+Rで「コマンドを指定して実行」から「%AppData%」と入力すれば、直接Roamingファイルにいけます。

4.ノードを追加
さらに早く終わらせるためにノードリストを追加します。
ブーストトラップのDL中にでもやってしまいましょう。

XPのネットワークのページからノードリストを手に入れます(赤枠部)。
XP_4
ノードリストが出ますのでリストの中(灰色部)を全選択してコピーします。
XP_5
ブーストトラップの設定のときに開いたXPフォルダの中にある「XP.conf」というファイルをメモ帳等の編集可能な状態で開きます。
右クリックから編集かプログラムを指定して開くをやればよいです。
開いたら、一番下の行の「testnet=0」の下の行から、先程コピーしたノードリストを貼り付けて保存します。

5.ウォレットを再起動
ブーストトラップとノードを導入したらウォレットを再起動します。
起動には少し時間がかかりますが、バグではなく仕様です。
その後同期が始まります。
早くなったとはいえ、1日くらいはかかるので放置しましょう。

未同期状態。
out of sync(赤丸部)が出ています。右下の青丸部の矢印が回っていれば同期されていきます。
初めて同期開始するときには、左下のあたりに進捗を示すバーが表示されます。
XP_1
同期状態。
青丸部にチェックが出ています。
XP_2
これでウォレットが使える状態になりました。
後はRecive coinsから受け取り用アドレスを表示して送金しましょう。

6.ウォレットのアンロック
送金しても何の設定もしなければ報酬はもらえません。
ウォレットをアンロックし、XPコインをウォレットに入れ、ウォレットを起動した状態を維持することで報酬がもらえます。
そのためPCのはつけっぱなしですね。
ZNYでも掘っていましょう(笑)

ウォレットのアンロックは以下の手順です。
まず、「setting」→「wallet security」→「encrypt wallet」でパスワードを設定して行います。
パスワードを設定するとウォレットが再起動するので、「setting」→「wallet security」→「unlock wallet」でパスワードを入力することでアンロックの完成です。

なお、XPコインの枚数が多いほど報酬はもらいやすくなるそうなので、これで増やしたい方は多めに入れておきましょう。


※追記(1/6)

XPコインのハードフォークに伴い、ウォレットがアップデートされたようです(1.0.0→1.10)。
1.0.0のウォレットを使ったままだと、1/1移行にマイニングされた分については無効だそうです。
現時点で古いウォレットを使っている方はアップデートしておきましょう。
詳細は下記公式HPをご参照下さい。

参考リンク:eXperience Points Japan

今めちゃめちゃXPコイン上がってますね・・・びっくりです・・・

ーーーー

本当はマイニングしたかったのですが、ウォレットの設定で終わってしまいました。
マイニングは一定額貯まるまで引き出せないので、とりあえず少額だけ頑張って買ってウォレットに入れておいてもいいかもしれませんね。
まだまだ仮想通貨も発展期なので何が生き残るかわかりませんが、通貨以外の用途として使えるXPコインはしぶとく生きるかもしれません。
なによりまだ安いので宝くじがてら買っておいてもいいかもしれません。
年末ジャンボよりは期待値大きいと思います(笑)

ただ最近過剰に煽られている感も無くはないので、あまり無茶なことはしないようにしてくださいね!
Discord内で盛り上がりたい!という目的であればよいと思いますが。
これを買ってもいいと感じられたら参加してみると、お祭り気分が味わえます(笑)

先日Ledger Nano Sを購入し、対応しているコインは移しました。
しかし、まだ対応してない手持ちのアルトコインがいくつかあるんですよね。

なので、今回はLiskのウォレットであるLisk nanoを作ります。
過去記事:仮想通貨Liskは上がり目?

・Lisk nanoの作製

公式HP
からウォレットのインストーラーをダウンロードします(65MB程、ノートン先生は無視)。
対応するOSを選択します。
lisknano_1

インストーラーを起動したら下図が出ますので、「NEW ACCOUNT」をクリック。
lisknano_2

「NEXT」ボタンをクリックし、その後適当にマウスカーソルを動かします。
この動きに伴い、ランダムにパスワードを作成しているようです。
lisknano_3

12個の英単語からなるパスワードが作成されました。
この辺はLedger Nano Sと同様ですね。
この英単語がログインのときに必要になるので必ずメモして、人目につかないところに保存して下さい。
当然ですが画面のフレーズは私のウォレットのパスワードではありません(笑)
lisknano_4

パスワードをメモしたら「YES! IT'S SAFE」をクリックして次に進みます。
パスワードの確認を求められますので- - - - -(赤丸で囲った部分)に該当する英単語を入力。
この場合はpieceですね。
lisknano_5

これでウォレットが使えるようになりました。
lisknano_6

・入金


Lisk nanoのトップページにある「Address」がウォレットのアドレスになります。
各種取引所等からこのアドレスに向けて送金手続きをすれば入金が完了します。
入金は数秒後には完了してると思います。とても早いです。
なお、入金は低額でも行えます。
今回は初めてなので5Liskで入金しています。
lisknano_7

・送金

送金はウォレット上部にある「SEND」ボタンを押すことで行なえます。
下図の画面が出ますので、アドレスと金額を指定して送金します。
lisknano_8


----
他のウォレットや取引所を利用したことがあれば、直感的に使用方法が理解できると思います。
取引所においておくリスクを考えると、ウォレットもきちんと使わないといけないですね。
ただ、ウォレットが分散するのもめんどくさいので、できればハードウェアウォレットにまとめたいです。
集中管理したら、それはそれで危険なのかもしれませんが・・・

使用感は悪くはないのですが、ログイン時に毎回12個の英単語のパスワードが必要になるのが少しめんどくさいです。
くれぐれもなくさないようにしましょう!

ちなみに、このLisk nanoからLiskのフォージング(他のコインのマイニングに相当)ができるのですが、持っているLiskが多くないと難しいようです。
残念ながら私の手持ちは少ないので挑戦できないのですが、手持ちが多い方はフォージングも検討されてはいかがでしょうか。

※12/4 22時頃からいきなりLiskが跳ねました(笑)
870円→970円まで一気に上がって、一気に下がり始めています。
こんな風に一瞬にして高騰と暴落が起こり得るので、チャートに振り回されないように自分のルールを作っておくことが重要ですね。
気をつけねば・・・
lisk_fig

前記事の続きです。
前記事:LedgerNanoSで仮想通貨を管理する1:機器設定

Ledger Nano Sで仮想通貨を管理するためのアプリケーションをインストールします。
このアプリはChrome上で機能するものですので、普段違うブラウザを利用している方はご注意下さい。
以下、作業はChromeで行います。

・ビットコイン、イーサリアム

Ledger社の公式サイトにアクセスし、Ledger Nano Sをクリック。
Ledger Nano S_図1
ビットコイン、イーサリアムのウォレットをインストールします。
下の図だと、ビットコインのウォレットはインストールした状態、イーサリアムはまだの状態です。
なお、リップルは設定の仕方が少し異なるので後述します。
Ledger Nano S_図2
インストールできたら準備完了です。

入金

扱いたい仮想通貨のウォレットを立ち上げます。
今回はイーサリアムで行いますが、ビットコインでも大差はありません。
ウォレットを立ち上げると以下の画面が出ます。
Ledger Nano S_図3
画面の指示に従ってLedger Nano Sを接続し、対応する仮想通貨を選択します。
Ledger Nano S_DSC_0113
接続できるとウォレットの画面がこのようになります。
イーサリアムを扱うならETHを選択します。
Ledger Nano S_図4
受け取りをする場合は下矢印(赤丸部分)をクリックします。
受け取り用のアドレスが表示されます。
Ledger Nano S_図5

後はご使用の取引所からこのアドレスに送金します。
なお、はじめて送金する場合は全額ではなく少額で行ったほうがいいです。
回数を増やすと手数料が嵩んでしまいますが、もしアドレスが間違っていてロストしてしまう方が怖いので・・・

送金処理が終わったら認証されるまで数分待ちます。
ときおりウォレット側の更新ボタンを押して確認してもよいです。
無事入金出来ました。
Ledger Nano S_図6

送金

続いでウォレット側からの送金方法です。
上矢印(赤丸部分)をクリックすると、下図になります。
AMOUNT(青枠)に送金したい額を入力、RECIPIENT ACCOUNTに送金先のアドレスを入力します。
Ledger Nano S_図7

取引所よりも遥かに安いですが、手数料も必要になるのでご注意下さい。

SENDボタンをクリックすると下図になりますので、端末側で送金内容を確認します。
Ledger Nano S_図8
端末側に送金額やアドレス等の情報が表示されるので確認していけばOKです。
わかりにくいですが送金額が表示されています。
Ledger Nano S_DSC_0115

これで送金は完了です。

リップル

リップルはデスクトップウォレットをインストールします。
右上のやつをクリック。DLサイズが意外と大きいです(約70M)。
また、端末側にアプリをインストールするために下段中央の「app manager」もインストールしておきます。
Ledger Nano S_図2

次いで端末側にもアプリをインストールします。
端末をPCに接続した状態で、先程インストールした「app manager」を起動します。
すると、端末側に確認メッセージが表示されます。
allow ledger manager?
Ledger Nano S_DSC_0116

右ボタンを押して先に進みます。
PC側に下図が表示されます。
Ledger Nano S_図10

リップルを探してインストールします(下矢印)。
他のアルトコインも同様にやればインストールできると思います。
ちなみにファームウェアのアップデートもここからです。
左カラムの「FIRMWARES」からアップデート出来ます。

インストールが終わったら端末を確認します。
リップルのアイコンが増えていればOKです。
Ledger Nano S_DSC_0117

リップルの送金、入金は上述したイーサリアムと大差ありません。
もしtagが必要な場合はADVANCE MODEをクリックすればtagを入れる欄があります。

なお、ウォレットやアプリをインストールした直後に入金等を行おうとしてエラーが出る場合は、一度ウォレットを閉じてLedger Nano Sを外してみるとうまくいくかもしれません。

ーーーー
始めてハードウェアウォレットを扱ったので戸惑うところもありましたが、慣れてしまえばそんなに難しいものではありませんね。
これで盗まれたり、取引所が倒産した時のリスクを減らすことが出来ました。
短期トレードをするのであればめんどくさいかもしれませんが、長期保有をするのであればハードウェアウォレットが一番ではないでしょうか。

仮想通貨を購入した後、取引所に置きっぱなしにしていませんか?
取引所は多くの仮想通貨を扱っているため、ハッカー達に狙われる危険が高いです。
実際マウントゴックス事件で多額のビットコインが盗まれています。
いくつかの取引所は保証をつけたり、オンラインから切り離したコールドウォレットで管理しているそうですが、結局最後は自己責任です。

正直私は割と置きっぱなしにしてしまっていました(笑)
額も大きくありませんでしたしね。
ただしばらくホールドするつもりなので、いつまでも取引所においておくのは怖いですね。
そこでハードウェアウォレットの一つであるLedger Nano Sを購入しました。

・購入について


Ledger Nano Sが対応している仮想通貨は以下のとおりです。
主要なところだと、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ZCASH、DASHあたりが対応しています。
図1
Ledger Nano SはAmazonや他の代理店などでも買うことが出来ますが、公式で買った方が安心です。
Amazonのマーケットプレイスで出店しているところを信用できるならいいですが、大事な仮想通貨を扱うウォレットですから変な不安は残したくありません。

購入はLedger社公式サイトから出来ます。
値段は58ユーロです。
支払いはビットコイン、クレジットカード(VISA、Mastercard)、Paypalが使えます。
外国のサイトでPaypalが使えるのはありがたいですね。

ただPaypalは日本円で支払うと為替手数料が高めなので、Paypalの為替レートではなくカード会社の為替レートで支払ったほうがいいと思います。
支払い時に円表示されていたら、円のレートが表示されているところをクリックし、「通貨換算レートのオプション」からレートを変更出来ます。

注文後2週間程で届くと思います。
ちなみに1個でも2個でも送料は変わらないので、予備を買っておくのもありです。
ハードウェアウォレットは別にその機械の中に仮想通貨を保存しているわけではなく、ウォレットにアクセスするための鍵のようなものです。
その為、仮に故障しても他の機械があれば問題なく自分のウォレットにアクセスでき、仮想通貨を扱うことが出来ます。
手元に一つしかない場合、代わりが手元に来るまで何もできなくなります・・・

・Ledger Nano Sの設定

Ledger Nano Sが届いたら設定をしていきましょう。
ちなみに中身はこんな感じです。
USBメモリサイズの本体、micro USBケーブル、ストラップ、復元パスワードの記入用紙が入っています。
Ledger Nano S_DSC_0105

Ledger Nano Sは画面表示が全て英語です。
今後の作業で表示される英語の簡単な和訳はZaifさんがまとめてくれているのでご参照下さい。
参考リンク:Zaif Ledger Nano S (レジャー・ナノS)日本語マニュアル
以下、日本語マニュアルではない写真を交えて説明致します。

本体とPCをケーブルで繋ぐと画面に指示が表示されます。
Ledger Nano S_DSC_0107
側面についている2つのボタンを同時押しします。

なお、側面のボタンは1つを押せばリストや数字の変更ができ、2つを同時に押せば次のセクションに移行します。
これがLedger Nano Sの基本的な操作方法となります。

さて同時押しをすると新しいデバイスとして設定するかと聞かれます。
ここで右のボタンを押せば新しいデバイスとしての設定に進めます。
一方、左のボタンを押せば復元ができます。
configure as new device?
Ledger Nano S_DSC_0108

PINコードの設定
右ボタンを押すとPINコードの設定が求められます。
左右の数字で設定し、同時押しで次の数字に移行します。
PINコードを設定したら同時押しをします。
PINコードは4~8文字です。
その後、設定したPINコードの確認が求められるので入力しましょう。

復元フレーズの保存
続いて24個の復元フレーズを書き留めます。
復元フレーズ用のメモ用紙が同梱されています。
Ledger Nano S_DSC_0106
こんな感じで復元フレーズが表示されます。
復元フレーズは左右のボタンで戻ったり進んだりできるので、間違いがないかよく確認しましょう。
Ledger Nano S_DSC_0109

復元フレーズの書き留めが終わったら、2つ程フレーズの確認が求められます。
Confirm your recovery phrase
Ledger Nano S_DSC_0110
〇〇番目のフレーズは?と聞かれるので、正しいフレーズを選んで確定します。
select word #○○
Ledger Nano S_DSC_0111

この確認が終わったらセットアップは完了です。
your device is now ready
Ledger Nano S_DSC_0112

ちょっと書き留めがめんどくさいですが、扱い自体は簡単です。

設定が終わったらファームウェアの確認をしておきましょう。
Ledger Nano Sの画面から「settings」→「Device」→「Firmware」で確認できます。
2017年12月3日現在のファームウェアは1.3.1です。

次は送金・受取の設定を行います。
次記事:LedgerNanoSで仮想通貨を管理する2:ウォレット設定

↑このページのトップヘ