コインチェックさんが世間を賑わせていますね・・・
どうもXEMのマルチシグを設定していなかった模様。しかもホットウォレットのまま・・・
取引所に買った通貨を置いておくことの危険性が一気に知れ渡った事件でした。

今回のように外部から攻撃されるリスク、取引所が倒産するリスクなどがあるため、仮想通貨は取引所に置きっぱなしにしてはいけません。

とはいえいきなりハードウェアウォレットはハードルが高いかもしれませんので、とりあえずはデスクトップウォレットにうつしておきましょう。

今回は今更ではありますが、不本意な形で脚光を浴びることになってしまったXEM(NEM)の管理です。

1.nano wallet を入手する。
公式サイトからウォレットをDLします。
Download the Nano Wallet のところから対応するOSを選択してください。

2.nano wallet の起動
DLしたファイルを展開し、ウォレットを起動します。
起動したら言語を日本語にしておきましょう(赤丸部)。
nano2
日本語化したらアカウントを作成します。
言語の隣りにある「アカウント作成」のところから手続きを進めます。
シンプルウォレットを選択し、ネットワークは「Mainnet」にします。
ウォレット名は各自好きな名前をつけてよいです。
パスワードを設定したら秘密鍵を生成します。
下記画面になったらマウスを適当にわちゃわちゃと動かして下さい。
nano3
暗号鍵を生成したらバックアップについての説明が表示されます。
ウォレットのバックアップ(.wlt)とウォレットデータを確認しておきます。
ここでウォレットデータの文字列は絶対に他人に知られてはいけません!
きちんと管理しましょう!
nano4
バックアップファイルを持っていてもプライベートキーが必要になります。
こちらも他人に知られてはいけないので、徹底して管理しましょう!
nano5
ここまでくればウォレット設定は終了です。

3.ウォレットの起動
下記画面に戻るので、先程設定したウォレットを選択してパスワードを入力してサインインします。
nano6
サインインしたらダッシュボードへと移ります。
入金用のアドレスはアカウント(赤丸部)から確認できます。
nano8
アカウントにあるアドレスが入金用アドレスになります。
またここからバックアップファイルも作成できるので、定期的にバックアップをとっておきましょう。
nano9
なお、zaifから送金する場合「ZaifからのXEMの出金はmultisigトランザクションになります。multisigトランザクションに対応していない他の取引所やサービスへ送金されましても、Zaifでは対応致し兼ねますのでご注意ください。」というメッセージが記載されていますが、nano walletでは特に気にする必要はありません。
またzaifからの送金時にはメッセージも不要です。

ちなみに、初めてのときに少額送金したらえらい時間がかかりましたが無事に届きました。
もし届かなくて悩んでいる方がいても、アドレスが間違っていなければ1日くらい待ってみましょう。
基本的にXEMは送金が早いだけに焦ってしまいますが、大丈夫です(笑)

送金する場合は、「送信」欄から送金できます。
なお、XEMは送金の際にメッセージが要求されることがあります。このメッセージがない状態で送ってしまうとどこかに行ってしまい対応出来ないことになりかねません!
送金先がメッセージを要求しているかをきちんと確認しましょう!

また、今回CCの件でマルチシグが話題になっていましたが、個人のウォレットでマルチシグ設定まではしなくてもいいのではないかと思っています。
管理するものが多くなり、下手をするとセルフGOXの危険性が高まります。
取引所レベルではやっていて当然だから責められた問題です。

ーーーー
現時点でzaif等の取引所に購入した仮想通貨を置きっぱなしにしている人は、早めに自分のウォレットにうつしておきましょう。
以前から忠告はされていましたがあまり気にしていない人も多かったと思います。
しかし、今回CCのことでどれだけリスクが有るか明らかになったと思います。

管理する上で、最良なのはハードウェアウォレットです。
TREZORLedger Nano Sを購入しましょう。
現在、XEMやMONAはTREZORが対応しており、XRPはLedger Nano Sが対応しています。
値段や保管したい仮想通貨に応じて、適したものを購入しましょう。

なお、ハードウェアウォレットはAmazonなどでも販売されていますが、絶対に公式サイトから購入しましょう!
大事なお金を預けるものです。
一度他人を経由している場合、何をされているかわかりません。
実際に公式以外からハードウェアウォレットを購入して被害にあった方もいます。

参考リンク:ビットコイン研究所ブログ

TREZORはまだ購入していないので使い勝手はわかりませんが評判はいいみたいですね。
私はLedgerNanoSを使っています。
過去記事:LedgerNanoSで仮想通貨を管理する1:機器設定
過去記事:LedgerNanoSで仮想通貨を管理する2:ウォレット設定

今回はCCの件、本当にびっくりしましたね。
CCに仮想通貨を保管していた方々になんとかお金が戻ることを願うばかりです。

ちなみに私は入れっぱなしにはしていなかったのですが、ETH等をレンディングしていました。
もしこのまま引き出せずにCCさんが破産してしまった場合、完全にお手上げです・・・(泣)
リスクを踏まえていたつもりでも、まさか本当にこんなことが起こるなんて・・・と少し管理の甘さを嘆いているところです・・・